Aprilia

2017.03.01

ピアッジオグループジャパン株式会社 (本社:東京都港区三田一丁目、代表取締役 フランチェスコ・ファビアーニ)は、アプリリアの2017年モデルとして、究極のスーパースポーツ『RSV4 RF』(参考予定小売価格 2,750,000円消費税込)および『TUONO V4 1100 Factory』(参考予定小売価格 1,998,000 円消費税込)を全国のアプリリア正規販売店のRSV4取扱店にて、受注を開始致します。なお、この度の商品アップデートで最大の特徴として、両モデルともに排ガス基準 EURO4 対応になり、日本仕様もEU仕様と同出力設定が標準となりました。
 


 
新型アプリリア RSV4 RF (2017)
 国内出荷時期 : 2017年6月頃予定
 参考予定価格 : ¥2,750,000(消費税8%込)
 生産開始月 : 2017年3月より順次予定
 受注開始日 : 2017年3月1日(水)
 
■商品概要
◆ボディーカラー: スーパーポール
◆既存モデルからの主な変更点:
 グラフィックの変更 (GPマシーンに近いデザイン)
 TFTカラーディスプレー
 オーリンズNIXフロントフォーク
 オーリンズTTXリアショックアブソーバー
 新型Fブレーキディスクの変更(Φ320mm→Φ330m)
 ブレンボM50フロントキャリパー
 ボッシュ9.1MPコーナリングABSの採用
 EURO4対応で、本国仕様と同じ出力設定が標準
 新型の軽量ピストン及び新型バルブスプリング
 可変インテークダクト廃止による軽量化
 新型エキゾーストシステム
 新型ECU及びAPRCシステムの更新
 クイックシフト(AQS)の更新(ダウンシフトの対応)
 クルーズコントロール及びピットレーンリミッターの追加
 
詳しくはこちらから
 


 
アプリリア TUONO V4 1100 FACTORY
 国内出荷時期 : 2017年6月頃予定
 参考予定価格 : ¥1,998,000(消費税8%込)
 生産開始月 : 2017年3月より順次予定
 受注開始日 : 2017年3月1日(水)
 
■商品概要
◆ボディーカラー: スーパーポール
◆既存モデルからの主な変更点:
 排気量を拡大 (999cc→1077cc)
 EURO4対応で、本国仕様と同じ出力設定が標準  ヘッドライト及びフロントカウル形状の変更
 RSV4と同形状のテールデザインを採用
 TFTカラーディスプレー
 オーリンズNIXフロントフォーク
 新型Fブレーキディスクの変更(Φ320mm→Φ330m)  ブレンボM50フロントキャリパー
 ボッシュ9.1MPコーナリングABSの採用
 新型エキゾーストシステム
 新型ECU及びAPRCシステムの更新
 クイックシフト(AQS)の更新(ダウンシフトの対応)
 クルーズコントロール及びピットレーンリミッターの追加
 
詳しくはこちらから